homeホーム

menuメニュー

おくちでたべるドットコム

昭和大学歯科病院 口腔リハビリテーション科

assignment_ind著書・論文などの業績

2018(平成30)年度 著書・論文などの業績

原 著

Yoshiaki Ihara, Michael A. Crary, Aarthi Madhavan, David C. Gregorio, Ikjae Im, Sarah E. Ross, Giselle D. Carnaby: Dysphagia and Oral Morbidities in Chemoradiation Treated Head and Neck Cancer Patients. Dysphagia 33: 739-748, 2018.

総 説

小泉 雄,佐々木 徹, 米川博之,福島啓文,新橋 渉,瀬戸 陽,神山亮介,白尾浩太郎,日高竜太,市川千恭,永井遼斗,福田幸太,森田琢磨,江原雄一,尾股 丈,渡嘉敷邦彦,鳥居淳一,山村晃司,川端一嘉,富塚 健,川名加織,豊田生子,高橋浩二,三谷浩樹.Quality of Survivalを考慮した頭頸部癌支持療法 頭頸部がん患者に対する嚥下リハビリテーションチームの活動―がん研有明病院でのチーム医療の取り組み―.頭頸部癌 44:269-275,2018

著 書

山下夕香里,武井良子(分担執筆):気にすべき発音の誤りにはどのようなものがありますか?大野粛英,山口秀晴,嘉ノ海龍三,高橋 治,橋本律子(編著):MFTアップデート ライフステージに合わせた口腔機能への対応.東京,2018,医歯薬出版,pp92-93.
武井良子,山下夕香里(分担執筆):子どもの発音に対するアプローチはどのように行えばいいですか?大野粛英,山口秀晴,嘉ノ海龍三,高橋 治,橋本律子(編著):MFTアップデート ライフステージに合わせた口腔機能への対応.東京,2018,医歯薬出版,pp94-95.

学会報告

高橋浩二:当科における頭頸部癌治療後嚥下障害のリハビリテーション.日本口腔ケア学会雑誌 12:164,2018.(第15回日本口腔ケア学会総会・学術大会,福岡,2018年4月)
田下雄一,伊原良明,野末真司,上杉雄大,高橋浩二:頭頸部がん治療後のQOLに関わる因子の経時的変化について―術前,術後1ヵ月,術後3ヵ月の比較―.日本口腔科学会雑誌 67:118,2018.(第72回NPO法人日本口腔科学会学術集会,名古屋,2018年5月)
藤原百合,鈴木恵子,今井智子,木村智江,山下夕香里,緒方祐子,武井良子,早川統子,佐藤亜紀子,杉山千尋,今村亜子:Japancleft委員会口蓋裂言語評価ワーキンググループ(WG)の活動報告.日本口蓋裂学会雑誌 43:99,2018.(第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会,大阪,2018年5月)
緒方祐子,藤原百合,鈴木恵子,今井智子,山下夕香里,佐藤亜紀子,木村智江,武井良子,早川統子,杉山千尋,今村亜子:口蓋裂言語評価の標準化に向けた多施設共同研究.日本口蓋裂学会雑誌 43:100,2018.(第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会,大阪,2018年5月)
杉山千尋,藤原百合,鈴木恵子,今井智子,木村智江,山下夕香里,緒方祐子,武井良子,早川統子,佐藤亜紀子,今村亜子:Asia-Pacific圏における口蓋裂言語評価の現状.日本口蓋裂学会雑誌 43:101,2018.(第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会,大阪,2018年5月)
早川統子,緒方祐子,藤原百合,鈴木恵子,今井智子,木村智江,山下夕香里,武井良子,佐藤亜紀子,杉山千尋,今村亜子,Baylis Adriane,Chapman Kathy:アメリカ人SLPによるCAPS-A-AM基準での日本語音声の評価―開鼻声と構音障害―.日本口蓋裂学会雑誌 43:102,2018.(第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会,大阪,2018年5月)
原田由香,森 紀美江,田下雄一,高橋浩二:舌接触補助床を装用した頭頸部癌術後症例の口腔機能の調査―本装置の適応基準の確立に向け―.頭頸部癌 44:152,2018.(第42回日本頭頸部癌学会学術大会,東京,2018年6月)
小池丈司:入院下の徹底した管理下での直接訓練により全量経口摂取へ早期に移行できた口底癌術後胃管栄養患者の1例.第29回日本老年歯科医学会学術大会プログラム・抄録集:49,2018.(一般社団法人日本老年歯科医学会第29回学術大会,東京,2018年6月)
山口麻子,羽根 瞳,野末真司,久保田一見,石崎晶子,丸岡靖史,佐藤裕二,弘中祥司,高橋浩二:認知症病棟患者の口腔機能低下と老化に伴う要介護要因の調査―バイオ・サイコ・ソーシャルな視点から―.老年歯科医学 33:115,2018.(一般社団法人日本老年歯科医学会第29回学術大会,東京,2018年6月)
向井信彦,石津剛志,森 紀美江,武井良子,山田紘子,長谷川和子:構音障害患者用舌運動観察ツールの開発.超音波医学 45:S591,2018.(日本超音波医学会第91回学術集会,神戸,2018年6月)
山田紘子,武井良子,今井智子:機能性構音障害児の[s]音の誤り方に関する実態調査.言語聴覚研究,15(3):166-167,2018.(第19回日本言語聴覚学会,富山,2018年6月)
山口麻子,三宅理子,菱本良平,野末真司,羽根 瞳,石崎晶子,久保田一見,鈴木恵美,丸岡靖史,弘中祥司,高橋浩二:昭和大学附属烏山病院における歯科からみた安全管理.昭和学士会雑誌 78:422,2018.(第347回 昭和大学学士会例会,東京,2018年6月)
伊原良明,野末真司,中道由香,小池丈司,高橋浩二:頭頸部がん放射線化学療法後の患者における嚥下障害と口腔障害.昭和学士会雑誌 78:422,2018.(第347回 昭和大学学士会例会,東京,2018年6月)
伊原良明,Michael A. Crary,Giselle D. Carnaby,高橋浩二:健常成人における嚥下運動に対する年齢及び嚥下試料の相互作用について.第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集:518,2018.(第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会,仙台,2018年9月)
上杉雄大,伊原良明,湯浅 研,高橋浩二:数種の試料嚥下時に足底の接地条件が嚥下関連筋と足底圧に与える影響.第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集:530,2018.(第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会,仙台,2018年9月)
林 皓太,上杉雄大,原田由香,田下雄一,武井良子,山田紘子,小池丈司,野末真司,高橋浩二:頭頸部がん術後患者に対して短期入院下での摂食嚥下訓練によって摂食機能の改善が顕著に認められた3症例.第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集:645,2018.(第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会,仙台,2018年9月)
井阪在峰,成山明具美,伊奈幹晃,小林和弘,飯嶌大典,谷 みのり,島根恭代,中嶋智仁,田中教順,端山智弘,伊原良明,野末真司,高橋浩二,關田 俊:誤嚥性肺炎をおこした高齢脳性麻痺患者の口腔管理を行った一例.障害者歯科 39:249,2018.(第35回日本障害者歯科学会総会および学術大会,東京,2018年11月)
山口麻子,杉本承子,弘中祥司,高橋浩二:感覚過敏を有する成人の発達障害患者への対応.障害者歯科 39:366,2018.(第35回日本障害者歯科学会総会および学術大会,東京,2018年11月)
田下雄一,伊原良明,原田由香,鴨志田慎之介,齋藤芳郎,勝田秀行,嶋根俊和,高橋浩二:頭頸部がん治療後のQOLに関わる因子の経時的変化―治療前,治療後1か月,3か月の比較―.第63回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会プログラム・抄録集:339,2018.(第63回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会,千葉,2018年11月)
伊原良明,田下雄一,中道由香,高橋浩二:頭頸部がん放射線治療後の患者における嚥下機能と口腔機能障害の関係.第63回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会プログラム・抄録集:207,2018.(第63回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会,千葉,2018年11月)
森 紀美江,山下夕香里,原田由香,長谷川和子,高橋浩二:超音波画像から構築した舌3次元動画像による側音化構音症例の発音時の解析.第63回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会プログラム・抄録集:265,2018.(第63回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会,千葉,2018年11月)
山川道代,神部芳則,大谷津幸生,杉浦康史,早坂純一,岡田成生,野口忠秀,森 良之,高橋浩二:当科における頭頸部癌再建術後の摂食嚥下リハビリテーション.第63回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会プログラム・抄録集:265,2018.(第63回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会,千葉,2018年11月)
高橋浩二,伊原良明,野末 真司:昭和大学歯科病院口腔リハビリテーション科における平成29年度の患者集計.日本口腔リハビリテーション学会雑誌 31:46-47,2018.(第32回日本口腔リハビリテーション学会学術大会,兵庫,2018年11月)
野末真司,伊原良明,高橋浩二:精神科病棟における窒息事故の実態調査.日本口腔リハビリテーション学会雑誌 31:49-50,2018.(第32回日本口腔リハビリテーション学会学術大会,兵庫,2018年11月)
田下雄一,伊原良明,湯浅 研,林 皓太,小池丈司,上杉雄大,原田由香,鴨志田慎之介,齋藤芳郎,勝田秀行,嶋根俊和,高橋浩二:頭頸部がん治療後のQOLに関わる因子の経時的変化について―治療前,治療後1か月,治療後3か月の比較―.昭和学士会雑誌:38,2018.(第65回昭和大学学士会総会,東京,2018年12月)
伊原良明,上杉雄大,田下雄一,高橋浩二:頭頸部がん放射線治療後の患者における嚥下機能と口腔機能障害の関わり.第42回日本嚥下医学会総会ならびに学術講演会 プログラムおよび予稿集:172,2019.(第42回日本嚥下医学会総会ならびに学術講演会,福岡,2019年3月)
田下雄一,伊原良明,野末真司,上杉雄大,高橋浩二:頭頸部癌治療後のQOLに関わる因子の経時的変化について―治療前,治療後1か月,3か月の比較―.第42回日本嚥下医学会総会ならびに学術講演会 プログラムおよび予稿集:172,2019.(第42回日本嚥下医学会総会ならびに学術講演会,福岡,2019年3月)
服部匠真,上杉雄大,伊原良明,高橋浩二:顎補綴物の装着が重心動揺に与える影響.第42回日本嚥下医学会総会ならびに学術講演会 プログラムおよび予稿集:179,2019.(第42回日本嚥下医学会総会ならびに学術講演会,福岡,2019年3月)

その他

伊原良明(講演):口腔機能低下症の臨床と米国における摂食嚥下治療.(市川学園同窓会デンタルフォーラム,千葉,2018年5月)
髙橋浩二:(講演)食事観察評価を学ぶ(動画の解説に加え頸部聴診のミニ実習を含む)―とくに初心者の歯科医師・歯科衛生士などの方々のために―.(第14回大きな森勉強会(大田区大森地域保健医療勉強会),東京,2018年5月)
佐藤亜紀子,井上直子,木村智江,鈴木 藍,武井良子,松中絵美,水野友貴,山下夕香里(日本コミュニケーション障害学会口蓋裂言語検査ワーキングチーム):(講演)口蓋裂言語検査講習会―聴覚判定のコツをつかむ―.(第44回日本コミュニケーション障害学会学術講演会,相模原,2018年5月)第44回日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集,pp51,2018.
髙橋浩二:(講演)当科における嚥下障害の診断法と医療支援のご紹介―東京都目黒区歯科医師会の先生方とのスムーズな医療連携のために―.(公共社団法人 東京都目黒区歯科医師会主催 特別講演,東京,2018年6月)
髙橋浩二:(講演)摂食嚥下障害の診断と対応―脳血管疾患患者の対応例を含め―.(平成29年度鹿児島県リハビリテーション施設協議会総会・研修会特別講演,鹿児島,2018年6月30日)
武井良子:(講演)口腔癌術後の構音障害に対する舌接触補助床を用いたリハビリテーションの実際.(一般社団法人日本顎顔面補綴学会第23回教育研修会,徳島,2018年6月)一般社団法人日本顎顔面補綴学会第35回総会・学術大会プログラム・抄録集,pp90,2018.
髙橋浩二:(講演)嚥下障害のスクリーニング法・精密診断法から対応まで.(平成30年度横浜市立大学大学院異学研究科 顎顔面口腔機能制御学教室主催講演会,神奈川,2018年7月)
武井良子:(講演)構音障害の評価と指導の基本―構音検査の聞き取り練習を含めて―.(東京都難聴言語障害教育研究協議会 専門研究会,東京,2018年7月)
武井良子:(講演)構音指導の実際―口蓋化構音、側音化構音、発達に偏りのある子どもの指導―.(東京都難聴言語障害教育研究協議会 専門研究会,東京,2018年7月23日)
武井良子:(講演)発音が不明瞭な子どもへの支援―発音指導の実際―.(川崎市立聾学校 公開研修会,川崎,2018年7月)
髙橋浩二:(講演)フレイル、サルコペニア、口腔機能低下症の評価法と対応法を理解しよう.(公共社団法人 東京都大田区大森歯科医師会主催 平成30年度夏期講習会,東京,2018年7月31日)
髙橋浩二:(講演)嚥下障害の診断と対応、口腔機能低下症の診断と対応を極めよう.(公共社団法人 東京都荏原歯科医師会主催 平成30年度 昭和大学夏季研修会,東京,2018年8月23日)
Yoshiko Takei:Electropalatographic Assessment of Tongue-to-Palate Contacts in Lateral Misarticulation.(EPG研究会主催 第4回EPGシンポジウム,大阪,2018年8月)
伊原良明:(講演)摂食嚥下障害とその対応―歯科の観点から―.(みどり野リハビリテーション病院講演会,神奈川,2018年9月)
髙橋浩二:(講演)大学専門診療科における頭頸部癌治療後の機能障害リハビリテーションの展開.(自治医科大学歯科口腔外科主催勉強会,東京,2018年10月2日)
髙橋浩二:(講演)訪問歯科診療のリスクマネジメント.(平成30年度 川崎歯科医師会対応困難者歯科医療担当者研修会,川崎,2018年12月)
髙橋浩二:(講演)当科における摂食嚥下障害の対応―嚥下内視鏡+頸部聴診音ライブ、頸部聴診ミニ実習も含め―.(第8回東京・国際歯科医療安全機構学術研修会,東京,2019年2月)
田下雄一,伊原良明,服部匠眞,林 皓太,上杉雄大,小池丈司,野末真司,高橋浩二:頭頸部癌術後のQOLに関わる因子の経時的変化について―術前,術後1ヶ月,3ヶ月の比較―.昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 平成30年度シンポジウム抄録集:28,2019.(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成30年度シンポジウム,東京,2019年3月)