homeホーム

menuメニュー

おくちでたべるドットコム

昭和大学歯科病院 口腔リハビリテーション科

local_library第16回 知れば知るほど怖い睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の人が引き起こした事故(新幹線通過事件など)の話は耳にしたことがあると思いますが、本当に怖いのはこれだけではないのです! 睡眠時無呼吸症候群の人は、そうでない人に比べ、心疾患、脳血管疾患、高血圧になる確率が高いことが明らかになっています。

OSASが引き起こす主な合併症:

総務省のデータによると、心疾患、脳血管疾患は日本人の死因の第2位、3位の病気です。

主要死因別死亡者数

では、どのような人が睡眠時無呼吸症候群になりやすいのでしょうか・・・
その特徴を挙げてみます。

睡眠時無呼吸症候群になりやすい人の特徴

しかし、睡眠時無呼吸症候群は治療によって改善が可能です。
睡眠中のいびきを指摘されたり、日中の強い眠気がある人は、早めに受診されることをお勧めします。 最後に簡単な眠気のテストを行ってみてください。

エスワープ眠気尺度

(注意)合計11点以上が要注意です。しかし、11点未満であっても慢性的ないびきをかく人や睡眠時に呼吸が止まる人、日中に過度の眠気を感じる人も睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。お心当たりの方は、是非ご相談ください。

予告

次回は睡眠時無呼吸症候群の治療法についてのお話しを予定しています。

山川 道代